毎日文章を書いていると、日によって「デキの善し悪し」が分かる

トイクロSAGAの書 DQ Ver.1.5

今回は、「デキの善し悪し」について思うこと。

毎日文章を書いていると 日によって「デキの善し悪し」が分かる。

ここ最近は、このブログの記事を毎日書いている。文字数は大体、650 から1,000 文字程度。そうすると、日によって「すんなり書けるとき」もあれば、「なかなか進まないとき」もあるんだよね。

デキの善し悪し

毎日文章を書いていると、自分なりのデキの基準ができてくる。

具体的に、言葉で基準を表すのは難しい。それは、感覚的に思うことだから。

でも、書けば書くほど、比較する量が増えてくるから、感覚的に思っていた基準がハッキリしてくる。だから、書いた文章が平均点以上か否か、自分なりに採点できるようになってくる。

数をこなすこと

自分なりに “いい” と思った文章が増えてきたら、必然と平均点は上がる。それと比例して、能力も上がっていく。

すると、自分がどの位のレベルなのか周りが気になり、他の人の文章も読むようになる。苦手とする部分の参考にしたり、自分ならこう書くなどを踏まえて……。

ようするに、「自分自身である程度書いてみないと、比較もできないし、どこが強みなのか弱みなのかもわかりゃしない」ってこと。

学校のテストみたいに、善し悪しが点数で分かれば分かりやすいのだけど、「明確な正解がないもの」っていうのは、感覚で判断するしかない。その感覚を自分なりにハッキリさせるためにも、数をこなすことは必要なんだ。

次アイコン

経験値を、それぞれ獲得した!

毎日文章を書いていると、日によって「デキの善し悪し」が分かる。自分自身である程度書いてみないと、比較もできないし、どこが強みなのか弱みなのかもわかりゃしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です