文章を書いていてつくづく思うことが、その時の気分で随分と内容が変わる

トイクロSAGAの書 DQ Ver.1.15

今回は、「文章を書く際の気分」について思うこと。

文章を書いていてつくづく思うことが その時の気分で随分と内容が変わる。

最近、文章を書くことが日課になりつつある。そうなると、関わってくるのが気分だ。毎日、変わるものだからね。良い状態で書ければベストだけど、そうもいかんのよ、ね~。

文章を書く際の気分

文章を書く際、すらすら書けるときもあれば、なかなか書けないときもある。

「その原因の多くは、気分によるもの」

文章を書いた後に、自分自身で「デキがどうだったのか??」っていうのは、おのずと分かること。だから、その内容の良しあしに関わってくるものは何なのか……気になったんだ。

毎日続けていることが、うまくいかなかったりすると「何で??」って原因を知りたくなるもんだよね。

自分の内から生まれてくる

文章は自分の内から生まれてくること。ゆえに、内の状態に左右されることが大きい。

自分の気持ちがすんなり文章になるように、その道筋を整えることが必要かも。たとえば、スッキリする曲を聴いたり、部屋の明るさを調整したり、自分なりの環境づくりをする。玄人になれば、その辺のコントロールもうまいんだろうけど……。

文章に限らず、スポーツの世界でも気分は大きく関わってくるし、意外なところでは、RPG ゲームでも「テンション」っていうパラメーターがあったりする。

そんだけ、「自分の力を発揮するときには、気分の浮き沈みが密接に関わっている」ってことだ。

次アイコン

経験値を、それぞれ獲得した!

文章を書いていてつくづく思うことが、その時の気分で随分と内容が変わる。文章は自分の内から生まれてくること。ゆえに、内の状態に左右されることが大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です