作品創りで重要なのが、「個性」をどこにどれ位表現するかだ

トイクロSAGAの書 DQ Ver.1.8

今回は、「作品創りでの個性表現」について思うこと。

作品創りで重要なのが 「個性」をどこにどれ位表現するかだ。

作品を考えたり、完成した後とかにいつも思うことが、「個性がどこにどれ位表現されているか」なんだけど、自分自身だとナカナカ分からないことが多い。そもそも、「自分の個性って??」ってなっちゃう……。自分以外の人に言ってもらえるといいんだけどね。

作品創りでの個性表現

どこでもありそうな作品っていうのは、インパクトに欠けるから観た人の印象に残らない。そのため、作り手は「個性」を出したがるんだけど、難しいのは “どこにどれ位表現するか” だ。

あまりにコテコテに表現しても、かえってそれはウザがわれる。

「ねらった個性は逆効果」

そこはさりげなくてちょうどいい位。例えるなら、ラーメンに入ってるナルトみたいな感じかな。

メインをより生かすための個性

間違ってはいけないのが、あくまで個性をメインにしてはいけない。

「メインをより生かすための個性だ」

っていうこと。

そのためには、自分の個性がどういうものなのか把握しておく必要があるけど、こればっかりはたくさん作ってみないと分からないだろうな。

とは言うものの、把握するいとぐちとしては、これまでに自分が吸収してきたものから形成されるから、その辺りを探ってみるのがいいかもしれない。

次アイコン

経験値を、それぞれ獲得した!

作品創りで重要なのが、「個性」をどこにどれ位表現するかだ。あくまで個性をメインにしてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です